あれもこれも検索して1ページに集約!フレッシュアイペディア参照図を辿ってワンページ検索の旅に出よう!

例えばこんなワードで検索してみてはいかがですか?

ワンページ検索とは?

ワンページ検索とは、ニュース、ブログ、ウェブ、フレッシュアイペディアを同一のキーワードで一度に検索し、その検索結果を1ページに集約して表示する新しいサービスです。「ニュースを検索したい」「フレッシュアイペディアを検索したい」といった、検索の対象を指定する明確な目的がない場合や、「検索対象の指定など面倒だ」という方にオススメです。ひとつのページ内で、メディアが発信するニュースにはどのような情報があり、一般のウェブページにはどのような情報があるのかなど、様々な視点の情報を一目でチェックでき、そのキーワードに関する傾向を理解することができるのです。
さらに、フレッシュアイペディアにおけるエントリの参照回数をビジュアル化したフレッシュアイペディア参照図を使えば、キーワード入力なしで思わぬ情報に出会うこともできます。

例えば「イチロー」でワンページ検索してみるとこうなる

新登場!フレッシュアイペディア参照図 〜もうひとつのワンページ検索の歩き方〜

フレッシュアイペディア参照図の中心には、検索キーワードと一致したフレッシュアイペディアのエントリ名が表示されています。その周りには枝が広がるように、参照している他のエントリ名が表示されています。「この人からこの人、どのように参照されているの!?」とあなたの好奇心をくすぐります。

枝の先にあるエントリをマウスで触ってみてください。このエントリが、どのような文脈で中心のエントリから参照されているかが表示されます。
そして枝の先にあるエントリをクリックしてみてください。そのキーワードにより新しいワンページ検索結果が作成され、クリックしたキーワードはフレッシュアイペディア参照図の中心に移動します。
さらに枝の先をクリックしてワンページ検索を繰り返せば、思いもよらない情報に出会うかもしれませんよ。
(キーワードによっては、フレッシュアイペディア参照図が表示されない場合もあります。)